【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

良い収益物件を立地に注目して探そう

賃貸経営は立地によっても結果が大きく変わりますから、好条件が揃う土地か否かに着目して、投資物件を探すのが重要となっています。

どのエリアに投資するのかを決めることも非常に大切ですが、特に決めていない場合は北の大地、北海道もおすすめです。それでは、何に注目すれば良いか、着目ポイントや考察の仕方なども交えてご案内します。

 

不動産投資を成功させる立地条件

 

不動産投資を成功させる秘訣は、利便性や魅力を備え、人が沢山集まるエリアに物件を用意することです。つまり立地に着目して探さなければ、いくら物件自体が素晴らしくても、入居者が集まりにくいといえます。

そのこともあり、これまでは東京をはじめとする本州の大都市圏が、投資先として人気でした。ところが、近年ではその潮流にも多少の変化が見られ、中でも注目株となっているのが北海道です。

他県の投資家から熱い視線を集めているばかりか、海外の投資家からも着目されています。北海道は国内でも有数の観光地ですから土地的な魅力は申し分なく、それでいて札幌などの都市部では本州の都市圏と変わらぬ活力を備えているのもポイントです。しかも札幌エリアは人口が増えているため、収益不動産には欠かせない人口面での立地条件をクリアしています。

仕事や定年後のスローライフを求めて他県から移住するほか、意外にも道内での転居が人口増加を底上げしているのが特徴です。ご承知の通り北海道は広い上に冬の寒さは著しく、生活が厳しくなる地域も数々見られます。そのためご高齢の方などは、比較的暮らしやすい札幌などの都市部に移り住むといった背景があるのです。

それを受け、札幌市では駅周辺を中心に再開発が進められており、これから更に発展が期待できるエリアとなっています。政令指定都市としては最も北に位置していますが、その人口は国内の市の中でも4番目の多さを誇っています。北海道の全人口のうち、概ね3割強の人が集まっているため、立地的にも申し分ありません。人口増や再開発事業など、優れた条件が揃っているので、立地に着目して収益不動産を探す場合、札幌市は外せない投資エリアといえます。

 

成功事例から次なる投資スポットを考察

 

その札幌市から車でおよそ2時間、距離にして概ね90Kmほど西に位置する倶知安町も、投資エリアの名所です。西側にはニセコ連峰を有しており、観光やレジャーが盛んで、スキーシーズンともなれば国内外より多くの人々が集まってきます。

倶知安町で投資ブームが起きたのは、海外の人が投資を始めたのがきっかけで、以前は安かった地価も、不動産市場が活発になった現在では、かつてとはまるで異なる金額で売買されているのです。

この成功事例から、道内にはまだ手付かずの投資スポットが数々存在するとも考えられます。ですので現状ではそれほど注目されていないエリアでも、ポテンシャルを秘めていれば、倶知安町に続く地域として頭角を現すかもしれません。

開発が進んで地価が高騰すれば、キャピタルゲインでも収益不動産となるため、立地に注目する際は、土地の伸びしろにも着目しておきましょう。具体的には、倶知安町と同じく札幌市からそれほど離れていないエリアで、レジャーなどに適した地域であれば、注目に値する立地といえます。あるいは千歳空港など、移動拠点に近い場所も、不動産投資では目が離せないエリアではないでしょうか。

 

これから発展する好立地物件を見極める

 

今後発展するかも知れないエリアを探し出すのは難しいことではありますが、民泊はそれを見付ける糸口になるかもしれません。広義では民家に宿泊することを指しますが、今では農業などが体験できる参加型の民泊が静かなブームとなっています。

都市に住む人はレジャーとして自然や郷土文化との触れ合いを望み、受け入れ側も地域の活性化などにつなげられることから、今後も需要が高まるとされているのです。

体験型以外にも、海外からのバックパッカーを含め、宿泊代を安く抑えたい人向けの民泊があり、北海道でも沢山の旅行者が利用しています。住宅宿泊事業法などの法整備も進んでいますから、これからの不動産投資では民泊も無視できない存在となるはずです。

旅館業法におけるホテルなどは居住専用地域内で営業できませんが、住宅宿泊事業法に則した民泊ならそれができます。つまり旅館の開業より手軽に始められる民泊が盛んになり、そのエリアが発展すれば、倶知安町に続く投資スポットにもなり得るわけです。そこで、これからニーズが高まる地域で収益不動産を求める際は、民泊の利用動向からも、立地の良し悪しを探ってみると良いでしょう。

 

国内外の投資家から熱い視線を集めている北海道は、不動産投資にもピッタリのエリアです。収益不動産を購入する際は立地に着目しなければなりませんが、人口増や再開発といった好条件が揃うことから、道内では札幌市も有力な投資スポットになります。

また、近年海外の投資家によってもたらされた倶知安町の投資ブームにより、北海道内にはまだ手付かずの投資スポットが秘められていると考えられるようになりました。そこで、倶知安町に続く新たなエリアで投資物件を探す場合は、民泊の動向からも立地性を探ってみましょう。




サイト内検索
記事一覧