【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

収益不動産の低利回り物件と高利回り物件の違いとは?

不動産投資をする際に知っておくことと良いことの一つが収益率についてです。

収益不動産にも低利回り物件と高利回り物件がありますが、それぞれでおもわぬ違いもあります。

一体これから不動産投資をする際にはどちらを利用すればよいのでしょうか。

また、低利回り物件を高利回り物件にしていくことはできるのでしょうか。

低利回り物件と高利回り物件の違いを詳しく紹介

低利回り物件と高利回り物件はいろいろな違いがあります。

例えば、低利回り物件のほうが高利回り物件よりもかなり多いです。

低利回り物件はかなり見つけやすいこともあり初心者向けになっています。

地方であってもこうした低利回り物件は見つかるので助かるところです。

一方、高利回り物件は都市部にしかないことも少なくありません。

 

低利回り物件と高利回り物件はリスクという点でも変わってきます。

高利回り物件は物件の値段自体が高いものがあるので、よりリスクがあることがあります。

それだけ高利率を期待できますから、ハイリスクハイリターンといっても良いでしょう。

とはいえ、高利回り物件によってはかなり格安で安定した物件もあるので一概には言えません。

一方、低利回り物件は格安で入手できることもありリスクが少なくなっています。

その分、あまり収益率が高くならなくて不動産投資を辞めないといけなくなるといったリスクはあります。

低利回の物件は資金回収するのに時間がかかることも。

 

高収益の物件であれば数年で資金回収することができても低利回りの物件だと数十年単位で時間がかかることも。

このため、手っ取り早く資金回収するのが良いならば高収益不動産がおすすめできます。

このようにそれぞれで違いもかなりあるものです。

どちらがよいかはケース・バイ・ケースですが、こうしたことも合わせて不動産投資会社と相談していくと良いでしょう。

低利回り物件を高利回り物件にする方法もある

低利回物件であっても工夫次第で高利回り物件にしていくことはできます。

例えば、リノベーションをすることによってより高い家賃を設定できるようになることも。

格安で物件を購入してリノベーションをして転売したり賃貸するといったことはよく行われています。

しかし、リノベーションも必ずしも成功するとは限らないので少なからずリスクもあります。

 

他にも低利回りが気になるならばメンテナンスコストを下げてみるのも良いでしょう。

物件によってはメンテナンスコストがかなり高くなってしまって利回りを下げていることがあります。

メンテナンスコストを下げるには管理人を常駐させない、メンテナンスを安い業者に依頼するといったことで対応可能です。

しかし、メンテナンスの質を下げればそれだけ不満が入居者で生じて入居率が悪くなることもあるので諸刃の剣でもあります。

このあたりも不動産会社と相談しておきましょう。

入居率が悪いと低利回りになりがちです。

こうしたこともあり、入居率を上げる工夫をしておくと良いでしょう。

例えば、入居率を上げるためには物件のリノベーションや家賃の改定などがおすすめです。

インターネット回線の無料提供は効果的な対策の一つになっています。

 

高利回物件だったのに低利回の物件になることもあります。

これは入居率などによっても生じますが、もしもこうしたことが生じたらいっそのこと物件を手放すこともありです。

高利回りにするのはけっこう難しいですから、手放してより不動産投資に長けた人に運用してもらうのも良いでしょう。

これにより資金回収するのも簡単にできます。

利回り率はしっかりチェックしておくべきです

不動産投資をする際には、利回りがどれくらいか数字で示されます。

こうした数字を鵜呑みにするのは禁物です。

不動産投資会社によってはこうした数字をごまかしていることもあります。

このため地域の相場や実際の入居率などを見て総合的に判断しておきましょう。

利回りが本当かどうか確かめるのは素人だと難しいこともあるので他の不動産会社に物件情報を調べてもらうのもありです。

こうすることによって不動産の本当の価値がわかってきます。

こうしたことを専門にしている不動産会社もあるので利用してみましょう。

最後に利回りは一つのバロメーターに過ぎません。

不動産投資をする際には他にも不動産の立地や不動産の特性、資金回収率なども見ておかないといけません。

こうしたことをチェックするのは面倒かもしれませんが、しっかりと調べておけばそれだけ成果があがるのでしておきましょう。

 

収益不動産に投資したいならば不動産の収益率についてチェックしておきましょう。

こうした収益率はかなり不動産によっても変わってきます。

やはり収益率が高い物件が良いですが、高収益不動産は見つけにくいこともポイントです。

また、不動産投資をする際には他の要素にも注目しておくと良いでしょう。

例えば、不動産の収益率が本当かどうかも調べておくようにするのがおすすめです。

やはり不動産投資をする際には用心するに越したことはないですから、じっくりと下調べをしておきましょう。




サイト内検索
記事一覧