【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

不動産投資とはいったいどういうもの?

日本の最北端の地北海道が、近年移住したい土地として注目を浴びています。国内外からの移住者が増えることで、北海道の土地価格が向上する要因があることから不動産投資が新しい産業として注目されています。

ここでは、不動産投資とは何なのか、そしてメリットとデメリットを合わせて紹介します。

 

不動産投資とは営利目的で物件を購入すること

不動産投資というのは販売している土地込みの一軒家もしくはマンションなどの集合住宅のワンフロアを、自身が使用するために購入するのではなく営利目的でローンを組んで購入をすることです。

その基本的な流れとしては、銀行サービスもしくは代理店で契約すると、これらの企業が取り扱っている物件の選定から始めます。そして選定が終われば、今度は契約交渉に入り、これは実際に選定して決定した物件の値段の算出と支払方法そして保険の種類などを決定します。

金額交渉がスムーズに終われば契約成立となり、宅地建物取引士から重要事項の説明を受けて登記事項証明書や賃貸契約書そして固定資産税納付書などの重要書類を受け取って初めてオーナーになることができます。オーナーになった後は、再び所有する物件の情報を不動産企業に渡して販売していることを広告してもらいます。

広告を出して希望者が出たら、その希望者と連絡を取り合って購入金額と所有目的などを聞いて契約が締結できたら所有権を渡す代わりに代金を受け取って利益を得るのです。

特に不動産というのは他の投資に比べて、高い利率を誇っています。これは住むところなので需要が高いので、各自治体も不動産に限っては高い利率を維持することで購入者へメリットになるように組み立てているところが多いのです。

北海道は国内外から土地を所有したいというニーズが高いので、そういった人たちが安定して運営してもらえるように制度作りをしっかりしているので運営しやすいのです。

 

担保として使えそして安定利益を得られるのがメリット

不動産投資をおこなうメリットには、安定した利益を得られることそして担保として利用できることです。この不動産投資というのは、別名ミドルリスクミドルリターンといわれておりこれは掛けた費用の負担に比べて実感のある還元が得やすいことで名づけられています。

その実感のある還元を得られる理由としては、やはり不動産というのは住居関連なので必要不可欠なものです。そのため販売で最も避けたい、売れないという事態が起きる確率は低く、それによって安定した利益を得やすいのです。

そして担保というのは、不動産を所有すること自体、社会的信用がなくてはできないことです。通常銀行から融資を受けるためには、ローンを組むことを申請して審査を受けなければならないため時間がかかってしまいます。

その点購入した不動産を担保にしておけばすでに銀行から信頼を得ている証拠になるので、新しい事業を立ち上げたいと思ったときに資金が足りない場合には所有している不動産を担保に別のローンを組むことができます。

このように一度不動産投資をして所有権を得ておくことによって、いざ何かあったときに担保として銀行に所有権を譲れるようにすることでいろいろなことに活用することができます。

 

無計画で運営すると痛い目に合うので注意

安定した収益を得られることそして別のローンを組むための社会的信用を得られる担保として活用できる不動産投資ですが、ただこれはあくまでオーナーになった後にスムーズにことが進んだことが条件になります。

不動産投資をするうえで注意してほしいのが空室率と土地価格です。空室率というのは、集合住宅を購入したときには基本的にワンフロア全体ずつ購入して販売に出す形になります。利益を上げるためには、そのワンフロアの部屋が売れて初めて得られるものなのでもし売れないと利益につながらなくなります。

そのため空室率があまりにも高いと、維持管理費や税金などの負担が重くのしかかることになり売り手が現れても消費する金額に見合わなければ損になるのです。そして土地価格というのは、株と同じく月額で変動する価格変動のことであり不動産は常に高い利率を誇るので投資に向いている理由とされています。

しかし高い利率が安定しているといっても、決して乱降下しないというわけではなく景気の動向や地盤関係でマイナスなどが起きると一気に下落する可能性は十分にあります。土地価格が下がり過ぎてしまい、実際に販売したときの値段と見合う金額から遠く離れてしまえば負債を補うことができなくなり破たんする可能性もあるのです。

そのため不動産投資はミドルリスクミドルリターンといわれていても、しっかりと空室率を減らすためのニーズへの対応や土地株価指数を常にチェックして売り時のタイミングを間違えないことが安定した運営につながります。

 

不動産投資は安定した利益を得られることそして担保として使えることから、本業とは別で利益を得る副業として人気になっています。ただ実際に運営するとなると、常に空室率や土地価格の変動に対して敏感になっていなくてはならないです。

特に空室率の増加は運営失敗に直結するので、所有するのであれば修繕費をしっかりと計上できるようにし最高の状態を維持して顧客を説得するのが所有者の責任になります。

どちらにせよ、投資には必ずリスクがあるので運営には注意事項を守って丁寧な対応を心がけることが成功への道です。

 

 




サイト内検索
記事一覧