【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

不動産投資を始めるメリットとデメリットって?

北海道で不動産投資を始める際には、どのようなメリット・デメリットが存在するかについて知っておくことが大切です。

投資においては利益を確保し、リスクを圧縮していくことが成功の秘訣となり、利点と欠点を理解することで収益性を高めることに繋がるでしょう。

 

不動産投資で得られるメリットは大きい

不動産投資には、3つの大きなメリットが存在しています。

1つ目は収益性が大きくなりやすい点で、これを目的にする方は多いでしょう。マンションやアパートを使って収益することで、まとまった家賃を定期的に受け取ることが可能になります。区分所有建物でワンルームだけの運用であっても、年間にすると数十万円が得られる計算ですので、これは定期預金や投資信託で達成することは不可能か、極めて困難です。

2つ目ですが、物件を保有することになるので株式やFXと違い、元手が消えてなくなるリスクが低いのもメリットとなります。株式は会社が倒産するか、そこまでいかなくても不渡りを出した時点で株券がただの紙切れになるわけです。

FXでは元本が割れる可能性もなくはありません。この点で、不動産投資ならばマンションやアパートは手元に残るので、これを使って最悪の自体を回避できる場合もあります。借金返済が厳しくなっても、物件の任意売却で何とかなるようなケースもあるようです。

最後に3つ目は管理を任せてしまえば不労所得を目指せる点でしょう。基本的に不動産を貸し出すことになるため、大家業として賃金回収や修繕対応などをおこなう義務が生じてきますが、近年は管理サービスが充実しており、さまざまな面でサポートを受けられます。

 

デメリットは注意すればリスク圧縮に役立つ

デメリットがない資産運用があると言われれば、それは詐欺と考えて良いでしょう。投資をするには必ずリスクがついて回ります。ここで大切なのは、危険性があるからと及び腰になるのではなく、それを理解して対策を考えること。

何もしなければ始まりません。きちんと欠点に向き合うことで、リスクを圧縮することに繋がるはずです。

それでは具体的なデメリットについてですが、初期費用と維持費用、そして空室の発生が主立ったデメリットです。まず初期費用ですが、これは不動産物件を取得するために、割と高額な費用がかかることになります。

そのすべてを自己資金で賄えれば良いのですが、そうではないときには借り入れが必要です。この借金をいかに上手におこない、返済計画をしっかりと立てられるかが重要で成功のためのポイントになります。

借り入れに関しては自己資金が大切です。とは言っても借り入れに対して自己資金比率を高めることが必ずしも重要なのではありません。基本的に自己資金比率が低いほうが、投資効率は高まると考えられます。

つまり、自己資金比率が低ければ、それだけ回収が楽なのですから、その分は次の物件を取得しやすくなるわけです。かと言って自己資金比率を下げて借り入れを増やすと、今度は返済計画が厳しくなるでしょう。

したがって、そのバランスが大切なのです。このバランスを見極めるには自身の経済状況や貯蓄額などから考えていくことが欠かせません。これを考えるのは一苦労なのでデメリットと言えるわけです。この点に関しては、不動産屋でシミュレートをおこなってもらうのも良いでしょう。

次に維持費用ですが、不動産物件は清掃や修理・修繕が必要になり、何かとランニングコストが生じるのがデメリットです。基本的に修繕義務などは避けて通れないと考えましょう。この維持費用を正しく評価できていないときには、運用が苦しくなるケースが多いです。このために投資計画を立てる段階から、ランニングコストへの注意は欠かせません。

では、どうやってランニングコストの対策をおこなうかについてですが、ここで返済比率と言う考え方があります。返済比率と言うのは家賃収入のうち、銀行に返済するのはいくらになるのかの割合を示すものです。10万円の家賃から、4万円を銀行に返すのならば、返済比率は40%となります。

これは低いほうが安全で、55%を超える場合ですとリスクが高いと考えるのが一般的です。この比率を低めにして維持費用を正しく把握しておけば、比較的安全性が高まると言えます。

空室の発生にも要注意です。物件の賃金から利益を得るのが目的ですから、借り手が見つからないときには借金返済が難しくなります。これを防ぐには入手する物件の選定と、リノベーションなどの工夫も大切。この辺りが資金計算とともに、成功するか否かの分岐点になりえるでしょう。

他にも不動産価値の低下や税金の発生、抵当権への理解など注意すべき点は幾つかあります。このために敷居は高く感じるかも知れませんが、成功したときのメリットもまた大きいわけです。まずは情報収集を丁寧におこなって、戦略を立てていくことが重要でしょう。

 

北海道は不動産投資に向いているのか

首都圏は人も多ければ、それに伴って物件も豊富なのですが、これが投資を考えると難点になっています。マンションやアパートが乱立しているので、賃貸物件が飽和気味で早い話が過当競争が起こっているエリアが多いのです。

ここで投資家の間で注目度が高まりつつあるのが、北海道となります。その理由ですが、北海道はまず投資利回りが高いエリアがあります。札幌は都心部よりも利回りが良いとされ、ここが人気のポイントです。

さらに札幌近郊にも発展傾向が見られるので、そのようなエリアも投資に向くと考えられています。結論としては、不動産投資を考えるうえではチェックしたいエリアが多いと言えるでしょう。

 

不動産投資に関するメリット・デメリットについて見てきました。ここで紹介したことは、ケースバイケースで事情が異なってくるので、最終的には自身の経済状況や物件によって考えていくことが大切です。

このためには自身でしっかりと情報収集をおこなう他、頼りになる不動産会社や投資コンサルタントを探していくと良いでしょう。エキスパートとの人脈を作っていくことで、注意点を浮き彫りにして対策を考えやすくなるなど、メリットが期待できます。

 

 




サイト内検索
記事一覧