【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

不動産投資のリスクを知ろう

不動産投資は成功すれば安定した収入を確保することができる方法であり、収入を得ることができる経営をするためには、収益性がある不動産を確保することがとても重要となります。

また、不動産投資に慣れていない人は、発生するさまざまなリスクを把握したうえで、できる限り回避することができるように投資をすることが大切になります。

 

アパートに空室が発生することが損失の原因となります

不動産に関して十分な知識を持っていないという人は、リスクを知っておく前に、そもそもの不動産投資の仕組みなどを理解しておくことが大切です。北海道でも不動産投資のサポートをおこなっている会社が少なくないので、そういった会社に相談しながら、不動産に関しての知識を身に着けていくと良いでしょう。

リスクを学ぶ前に、セミナーなどに参加して基礎的な投資に知識を学ぶことも有効であり、独学よりも効率的に学習をすることが可能です。不動産の収益の仕組みや損失が発生する要因などを知ることができれば、リスク管理をおこなううえで基礎的な考え方を身に着けていくことができるようになります。

不動産投資における大きなリスクの一つとしては、収益物件に空き部屋が多くなって家賃収入が減ってしまう空室リスクがあります。通常はアパートやマンションなどの投資対象を購入する場合、ローンを組んで借り入れしたお金で購入することになるので、家賃収入がないとローン返済ができなくなってしまいます。

空室による損失を回避するためにできることは、まずは収益不動産を購入する段階でしっかりと借手が見つかりやすいかどうかを見極める目利きが重要視されます。購入する投資対象を選ぶ際には、北海道の中でも多くの人が集まっている場所や主要な駅までのアクセスが便利な場所が良いでしょう。

また、毎月の家賃を設定する際にも、近隣の同じような物件の家賃相場をしっかりと理解したうえで、適正な価格にしないと部屋に入居してくれる人が見つかりにくくなります。

 

予期せぬ修繕で大きな出費があります

投資対象となるアパートやマンションを購入する場合、中古物件を探すか、新たに新築のものを建設するかを選択することになります。中古物件の場合には、新築と比べると価格も安くなっているので、投資物件を購入しやすいというメリットがあります。

ただし、中古物件の場合、建物のさまざまな部位が経年劣化しているので、急に修繕や機器の交換が必要となってしまうようなことがあるので、余計な出費が発生することがあります。購入時のイニシャルコストは中古の物件のほうが安いですが、投資初期のランニングコストは、新築の建物に比べると高額になってしまうので、急な出費に備える必要があります。

予期せぬ大きな修繕工事が必要となってしまうこともあるので、オーナーにとっては大きなリスクとなってしまうでしょう。アパートやマンションを借りている人が不便を感じるようなことがあれば、オーナーに対して改善の要望が出ることがあるので、その対応に追われる頻度も高くなります。

 

地震等の災害にも備えることが大切です

建物を所有している人が抱えている大きなリスクとしては、火災や地震による災害によって建物が滅失してしまうことがある点が挙げられます。特に大きな地震が発生した場合には、建物が使用できなくなってしまうこともあり、一気に家賃収入がなくなってしまうので、経営上の損失はかなり大きなものとなります。

銀行などから借り入れをしてアパートやマンションを購入した人は、ローンの返済だけが残されてしまうことになります。火災が発生したときも同様であり、火災の原因によってはオーナー自身が責任を問われてしまうこともあるでしょう。

中古物件を購入した人は、地震対策や火災に対しての対策をしっかりとおこなっておくことが求められてくるので、その分の費用が必要となります。火災や地震については、保険などもあるので、費用はかかりますがなるべく手厚いサービスに契約をしておくといざというときに助けになることでしょう。

北海道は雪が多き地方であり、かなりの大雪が観測される場所もあるので、雪害対策も十分におこなっておくことが必要です。

 

北海道で不動産投資をおこなう場合、投資に対してのリスクをしっかりと理解しておくことが失敗を避けるためには重要となります。まず投資の基本としては、なるべく損失を出さないように注意することが重要であり、空室が発生してしまう危険性をなるべく減らせるようにすることが肝心となるでしょう。

その他に、中古のアパートやマンションなどを投資用に購入した場合には、修繕や機器の交換等の費用も損失としてあらかじめ考慮しておくことが必要です。災害などが発生して物件を失ってしまうことも非常に大きな損失になってしまうので、災害対策や保険への加入もしっかりと考えておくことが必要です。




サイト内検索
記事一覧