【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

不動産投資を副業で始めるメリット

不動産投資は、本業で忙しい人でも仕事の後などの合間の時間に取り組むことができ、サラリーマンなどにとっては、本業の時間を削ることは難しいので、あまり手間がかからないアパート経営をおこなっている人も増えてきています。

また、北海道にも経営のサポートや管理受託をしている不動産会社も多数見つけることができます。

 

手間をかけずに収入を得ることができます

不動産投資を始める大きなメリットのひとつとしては、経営が順調にいけば、不労所得を継続的に得ることができるという点が挙げられます。不動産管理などを委託しておくことで、アパートオーナーとしては手間のかかる作業もないので、苦労をせずに毎月収入を見込むことができるでしょう。

空いていたり使っていない土地がある人は、その土地にアパートを建設することで、土地購入費用をかけずに不動産投資を始めることができるので、費用も安くなります。また、安定した収入を継続的に得ることができれば、どんどんと投資対象の物件を増やしていくことができ、収入を増やしていくことも可能です。

アパートオーナーは、建物の維持管理や借主の要望に応えたり、空室が発生したときに募集をかけたりしなければいけないイメージがありますが、管理をすべて委託してしまえばそのような苦労もかからなくなります。

不動産投資は株式投資などと同じような投資なので、会社員の就業規則で副業が禁止されている場合でも、投資のひとつとして認めてもらえることも多い点が、会社員にとっては利点となります。投資物件を購入する際にも、本業の収入があれば、ローンの借入の審査にも通過しやすくなるので、スムーズに投資をおこなうことができるようになります。

 

引退後も継続できるので副業で始めるとよい

不動産投資を副業で始める利点としては、引退をせずにいつまでも続けていくことができるという点があります。会社員や公務員の場合、60歳から65歳程度で定年退職をすることになってしまい、収入が減ってしまいますが、不動産投資には引退がないので、老後も安定した収入を得られます。老後も安定して収入を得ることができる状況になっていれば、不安を感じることも少なくなり、楽しく老後を過ごすことができるようになるでしょう。

仕事を引退してからアパート経営を始める人もいますが、老後に経営をスタートさせると収入を安定させるまでに時間がかかってしまうので、現役時代から始めたほうが良いといえます。

新しい知識や情報を吸収することを考えるのであれば、仕事をしている合間に投資を始めたほうが、さまざまなスキルも身に付きやすいというメリットがあります。本業の仕事を通じて、副業であるアパート経営に役立つ情報やスキルを身に着けることができることもあるので、副業でおこなうメリットが多いでしょう。

会社の近くでおこなわれている不動産セミナーなどに参加するときも、仕事の後であれば、そのまま帰り道に立ち寄って参加することができるので便利です。

 

本業の人脈が役に立つことがあります

不動産投資を副業でおこなうメリットとしては、時間を有効に活用して仕事に取り組むことができるという点があります。副業を全くおこなっていないという人は、だらだらと本業の仕事をしてしまうことがありますが、不動産投資などを実施している人であれば、本業を効率的にこなして残業を減らすように努力をすることでしょう。

また、サラリーマンや公務員として、社会に出て働いていれば、不動産経営に役立つ人脈や情報などが手に入りやすいという利点もあります。アパートやマンションに空室が発生してしまったときなども、知り合いを通じて入居者を探すことができることもあるでしょう。

職場に近い場所にある土地を持っている人であれば、職場の人向けに駐車場として土地を貸して収入を得るという方法も考えられます。アパート経営をするうえで役立つスキルなども本業を通じて、学ぶ機会を得ることができることもあるので、副業として投資をする利点もあるでしょう。

 

一般的な副業の場合には、それなりのエネルギーが必要となるので、本業が忙しいサラリーマンなどの場合には、あまり手間のかからない不動産投資が本業の邪魔にならないので良いでしょう。副業としてアパートやマンション経営を始めることで、仕事を引退した後も継続して経営を続けていくことができます。

また、本業である会社員の仕事を通じてアパート経営に役立つ知識などを身に付けることができるという利点もあるでしょう。本業の人脈があれば、不動産経営の助けになるような場合もあるので、本業と並行して不動産に投資をするメリットも十分にあるといえます。




サイト内検索
記事一覧