【北海道で収益不動産を始めるのにおすすめ!】不動産投資(アパート経営)相談に対応してくれる不動産会社を厳選紹介!

収益不動産には種類がある?

収益不動産には、一言で言い表せないほどの種類が存在します。

不動産は二つの同じものは存在しませんが、そんな魅力のある不動産には一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは代表的な不動産を紹介していきます。

 

アパートやマンションが一番オーソドックス

収益を生み出す不動産の中でも、一番有名なのがアパートやマンションではないでしょうか。

一昔前はアパートマンション経営というと、地主が相続税対策のためにするものである、と相場が決まっていました。

しかし現代の年金不安や雇用不安が、サラリーマンや主婦にまで、それを広げることになっています。

特に中古のアパートや、マンションの1棟買いなどは大きな金額ではあるものの、不動産投資をする時には、誰でも一つくらいは所有してみたいと思うものです。

アパートの場合には、2階建てや3階建てなどが多く、構造も木造や重量鉄骨、軽量鉄骨に加えて鉄筋コンクリートなど様々です。

そして、それぞれ減価償却年数も違いますし、特徴や購入費用などもバリエーションに富んでいます。

もしもアパートから不動産投資を始めるならば、最初は中古で費用が安く、小さめのアパートから購入して、徐々に大きな物件を購入していくのが良いでしょう。

そして中古から始めた場合、最終的には新築のアパートに到達するやり方がリスクも大きく減らせます。

ただしここで言うリスクとは、中古アパートのリスクのことで、新築のアパートを建てる場合には大きな資金が必要になるので注意しましょう。

マンションの場合には、1棟まるごと購入することも出来ますが、区分所有で部屋を1つだけ購入するという方法もあります。

これはマンション経営の特権と言ってよいでしょう。

アパートではこのような区分所有の購入は出来ません。

ですからマンションを1棟まるごと購入する場合には、金融機関からの借入金が大きなものになってしまいます。

しかし区分所有ならば比較的小さな金額を借りるだけで済みますので、不動産投資初心者には最適です。

 

ビルや駐車場経営という手段もある

アパートやマンション以外にも、商業ビルや駐車場経営という手段もあります。

ビルの場合には入居者は住むためではなく、事業をするために借りてくれるものです。

テナントの場合には、坪数も大きく家賃収入もアパートやマンションに比べると、大きな金額になります。

しかしその分ビルにテナントが入らない、いわゆる空室状態が続くと大きな痛手になるというデメリットも生まれるのです。

ましてビルを借入金で購入しているときには、それが返済不能になる可能性もあるので、そのようなリスクを注意しながら購入し、経営していかなくてはなりません。

駐車場経営の場合には、アパートやマンション、ビルに比べると比較的リスクは低くなります。

建物を建てる必要もありませんので、建設費用は基本的にかかりません。

土地をならす費用が掛かるくらいです。

ただしアパートなどに比べると地代収入は比較的小さな金額になります。

駐車料金は月極で数千円から数万円程度ですので、大きな収入はあまり期待できません。

そして大切なことはアパートやマンションと同じで、ビルであれ駐車場であれ、大切なことは需要がある地域の物件を購入することです。

 

コインランドリーやトランクルーム

空いた土地にアパートやマンションを建てることは昔からありました。

しかし時代共にアパートやマンションは供給量が増えてきています。

そのため、空室率が日本全国で高くなるという現象が起きています。

そういった中で、空いた土地をコインランドリーやトランクルームとして貸し出すという方法が注目を集めています。

コインランドリーはビルを建てて、その1階をそのようにすることも出来ます。

これも需要のある地域ならば成功率も上昇します。

他にも、トランクルームの場合には、空いた土地にトランクルームを置いてそこを荷物置き場として貸し出すという方法です。

トランクルームのメリットは、アパートやマンションと違い、人間同士のトラブルを防ぐことが出来ます。

オーナーになってそのようなトラブルに見舞われたくない人は、トランクルームの経営はありでしょう。

他にも数は少ないですが、駐輪場などにするという方法もあります。

駅に近い土地を所有しているならばベストかもしれません。

 

このように収益不動産にはいろいろな種類があります。

もしも不動産投資を始める場合には、どのような形態で賃貸するかを考える必要もあります。

しかし大切なことは需要と供給の関係です。

需要のない所にアパートやマンションを建てたり、商業地ではないところにビルを建てたりしても、あまり意味がありません。

きちんと入居者やテナントが入る「需要のある場所」に建設したり、購入したりするべきです。

そのような場所を見極めて、将来にわたる人口の増減や、利回りに加えて借入金などのリスクを考慮して収益不動産を購入していきましょう。

そうすればその不動産は半永久的に、キャッシュをもたらす「財産」になることでしょう。




サイト内検索
記事一覧